Just Married

結婚式の写真を頼む時に注意すること

結婚式の写真をフォトスタジオに撮ってもらう時は少し注意した方が良い事があります。それは一体何かというと、結婚式の写真を撮ってもらう時には自分達でフォトスタジオを探した方が良いという事です。
なぜなら、結婚式の関係者にすべて任せてしまって結婚式の写真も丸投げしてしまうと、値段ばかり高くなってしまって、おまけに思ったような結婚式の写真を撮ってもらえない事も多々あるからです。
それは私が実際に結婚する時に感じた確かな事です。せっかく高い料金を払って結婚式の写真を撮るなら、自分でどこのフォトスタジオに任せた方が良いのか考えてから決めた方が良いです。特に結婚式の写真に大きなこだわりがあるという人は、絶対に自分達でフォトスタジオを選んだ方が良いです。
少なくとも私は、結婚式の写真を撮ろうと思った時に自分達でフォトスタジオを選んで良かったと思っています。その理由は、確かにどこのフォトスタジオにしてもらうかすべて丸投げした方が簡単ですが、その分どこの馬の骨とも知れないフォトスタジオが来るかもしれないというリスクがあるからです。
実際に自分達でフォトスタジオを選ばなかったせいで全く望んでいなかったような構図の結婚式の写真ができてしまって後悔したという知人もいました。ですから、結婚式の写真みたいな人生の中でも特に重要な写真を撮る際には、自分達で探すのがベストです。

式は挙げなくても、結婚式の写真は一生の思い出

仕事が安定したら、貯金が貯まったら、結婚しようと決めていた同棲中の彼との間に、子供が授かり、わずかな手持ち金のまま結婚することになりました。先に結婚した友人夫婦の話だと、「結婚式の写真なんて、そんな豪華じゃなくてもいいじゃない」という意見が多く、「置場所に困る」「実家に置きっぱなし」散々な言い様。でも、みんなステキな結婚式、披露宴をした人たちばかりだし、私としては結婚式の写真だけは撮りたい気持ちでした。
ちょうどそのときあったウェディング関連のイベントも主人と一緒に行ったのですが、屋外での撮影など、「高いな」というばかりであまり乗り気ではない様子。一生に一度のことだし、これから金銭的に大変になるのは分かっていました。だからこそ、この人の妻として絶対に愚痴は言わない!そんな決意のために白いドレスで結婚式の写真を撮りたいという気持ちを主人に伝え、話し合った結果、スタジオでの撮影にしました。
メイク込みで料金は3万円もかからず、拘束時間もそれほど長くはなく、妊娠中でもそこまで苦痛ではありませんでした。お腹がかなり出ていたので、衣装は選べない状態、店で一番大きいサイズでしたが、写真の仕上がりはとても満足できるものでした。めったに着ないフォーマル姿の主人もとてもカッコ良かったです。最初は「写真撮るの?」という反応だった主人も、小さくプリントした結婚式の写真を持ち歩き、同僚に見せたりしています。

結婚式の写真は一生もの!

私は結婚式の写真は式以前に前撮りをし、さらに結婚式当日のスナップ写真を撮ってもらいました。いずれもプロのカメラマンが撮影してくれ、さらにプロにヘアメイクをしてもらい、プロに着付けてもらった写真なので、写真映りはバッチリです。泣いている写真ですらキレイに撮影してもらえます。
素人の撮影では、半目になっていたり不細工な表情になってしまうということも多々あるのですが、そういうことが一切ありませんでした。そのため、結婚式の写真だけは誰に見せても恥ずかしいとは感じません。誰にでも見せることができる一生ものの写真になります。
また、私が式を挙げた式場では、前撮りの衣装は何を着ても定額というプランがあったので、挙式のときに着られないような少しお高いドレスやタキシードを選んで撮影してもらうことができました。式当日に着られないのは少し残念ではあるのですが、式はたった半日足らずの出来事なのに対し、結婚式の写真という形で残されたそのドレス姿は永遠に残り続けます。前撮りと挙式の衣装が同じという式場もあるようなのですが、別のものを選べると色んな衣装の写真を残せるのでとてもお得に感じます。
当日のスナップ写真は参列者の写真も撮ってもらえるので、自分がいなかった場所での出来事も知ることができて、結婚式の記念にもなりました。一度しかない結婚式なので、プロに依頼したのは正解だったと思います。


腕利きのカメラマンに手にかかれば、結婚式の写真がとてもきれいに撮影できるのです!『結婚式は一生に一度なので結婚写真もきれいに残したい方に東京のファンウエディングに任せましょう!』東京で人気になっており、ギャラリーを見ていただくと、最高峰の作品ばかりなのです!